恋活と婚活は違う。恋愛と結婚が違うのと同じように

「婚活」に対して、「恋活」という言葉が何を指すのかイメージできますか?

広義にモテるための活動を指すこともあれば、彼氏や彼女を探す具体的な活動のこともある恋活。今回は、恋活と婚活の違いについて詳しく解説します。なお、ここでは民法における婚姻や事実婚などの社会的な内容に触れることはないので、あくまで読み物として参考にしてください。

New!! 簡単スマホ相席

お店探し 検索イメージ
相手探し マッチングイメージ
相席 相席イメージ
詳しくはこちら!
広告

恋活と婚活の決定的な違い

恋活と婚活、この2つは響きも内容も似通っています。どちらも恋愛あるいは結婚の対象となり得る相手を探すというものですが、決定的な違いがあります。

まずは、恋活と婚活の違いについてみていきましょう。

恋愛と結婚の違い

そもそも、恋愛と結婚は別物です。

恋愛は、相手との恋する時間を楽しむもの。

恋をすると、日常が非日常に変わり、視界に彩りやときめきが生まれます。会いたい時に会ったり好きなだけ一緒にいたり、楽しむことをメインにすることが多いはず。逆に言えば、お互いの嫌なところには目を向けず、いいところ見せあって、愛情を育んでいくイメージです。

一方で結婚は、相手と人生を歩んでいくもの。

結婚という日常生活を通して、苦楽をともにします。ときにはお互いの嫌な面を見ることもありますが、そういったことを乗り越えた先にある信頼関係が、結婚といえるかもしれません。また、結婚したあとは子どもが生まれ、2人だけの関係ではなくなることもあります。

つまり、恋愛と結婚は、非日常と日常。これら2つは別物です。恋愛のゴールが結婚ではないのです。

恋活の意味は?

恋活は、「恋愛活動」の略で、恋愛をするための活動を意味します。

婚活と線引きするのは、「結婚目当てではない」から。婚活のようにお金のこと、将来のこと、子供のこと、老後のことなどを考えないため、気軽であることが特徴です。彼ら彼女らは、恋愛自体に意義を見出しているのであって、結婚に重きを置いていません。

求めているのは、気持ちを満たしてくれる恋愛相手です。ただ「恋人がほしい」「恋愛でときめきたい」と考える若者が増えており、その結果として恋愛活動、つまり恋活に励む人は多くいます。

婚活の意味は?

婚活は、「結婚活動」の略で、結婚をするための活動を意味します。

婚活では、「結婚して家族を持ちたい」「両親に安心してもらいたい」など、人生設計に関わる多くのことを考えて結婚相手を探します。つまり婚活は、男女問わず人生の一大プロジェクトなのです。

恋活とは違い、相手選びに慎重にならざるを得ず、時間を要します。また、結婚を前提にしているため、自分だけでなく、家族からも認められる相手でなくてはなりません。

関連記事

経済格差が進み、将来への不安が大きな現代。大学生が恋活を飛び越えて、婚活をしてはいけないのでしょうか。また、学生で婚活する男性・女性にはそれぞれどのような特徴があるのでしょうか。 今回は、大学生の婚活事情についてみていきます。 学生[…]

本のページで作るハート

恋活アプリと婚活アプリの違い

最近は、効率よく恋活と婚活を進めるために、アプリを活用する人が増えています。しかし、恋活であれ婚活であれ誰かと出会おうとするならば、適切な手段を選択して、上手に出会い、進展させていく必要があります。

そのために、恋活アプリと婚活アプリの違いはきちんと理解しておきたいところです。

アプリのコンセプトを理解しよう

恋活アプリや婚活アプリを使う前に、それぞれのアプリの基本的な考え方や概念を理解しておきましょう。

どちらも、インターネットから気軽に、異性と知り合うことができるサービスです。

しかし、次のような違いがあります。

恋活アプリは恋人あるいは遊び相手をみつける場所です。そのため、華やかな写真でアピールできたり趣味などのつながりを持てたりする機能がメインになることが多いです。20代から30代前半くらいの利用が多く、場合によっては10代の利用が見られるのも、恋活アプリならではの特徴でしょう。また、基本機能なら男性も無料で使えることが多いのも、恋活アプリの特徴です。

一方で、婚活アプリは結婚を前提とした真剣なお付き合いができる相手をみつけるための場所です。使う年齢層は、結婚を具体的に意識する30代から40代の利用が多いようです。また、有料会員制などとして、身元を確かにし、結婚を真剣に考えている人のみが利用できるようにすることもあります。

まずは恋活アプリと婚活アプリの違いを把握して、自分が相手に何を求めているのかによって、きちんと使い分けることが重要です。

既婚者は、婚活はできないが恋活はできる

余談ですが、アプリに厳重な規制がないため、たとえ既婚者であっても恋活アプリを利用できてしまいます。

夫あるいは妻と不仲ではない人であっても、遊び目的であったり刺激を求めてだったり、恋活アプリを使用する既婚者は意外と多いようです。

婚活をしたい人が恋活アプリを使うリスクはこの点にもあります。真剣に相手を探している人にとって既婚者は、危険な存在と言えるでしょう。相手が既婚者かどうかを見極めるのは難しいですが、恋活アプリで婚活をしている人は、要注意です。

恋活の魅力は「ゆるく」できること

恋活と婚活の違いを知るにつれて、恋活の軽快さや婚活の重みがわかります。ここで恋活の魅力について、もう少し詳しくみていきます。

将来的には結婚を意識するかも

恋活は、「ゆるく」できるという良い点があります。

結婚に重きを置いていないからといって、軽薄ということではありません。「いつかは結婚を意識するかもしれないけれど、それは今ではない」というだけなのです。

出会った相手との恋愛を、シンプルに楽しみ、日々を豊かにするのはいいことです。

そもそも相手に求める条件が少なく、始めるハードルが低いことも利点でしょう。付き合っていくうちに、条件をつけて活動していたら気が付かなかったような相手の魅力に気づくこともあります。

恋活は、婚活よりも枠にとらわれずに済む、それが最大の魅力なのかもしれません。

恋活をはじめる方法

恋活をはじめるなら出会いを得るために行動することがおすすめ。恋人がほしいと思った時こそ、恋活をはじめるのに最適なタイミングです。

友人を介して出会うパターンは多いので、友達からの誘いを受けることが最初の恋活です。同じように普段の生活で出会うなら、趣味や習い事にも目を向けましょう。出会い目的だけでなく、自分を高め、自信をつけることができて、一石二鳥です。

そして、ベストな恋活の始め方が、やはり恋活アプリなどのオンラインマッチングの利用です。登録して、プロフィールや写真を充実させるだけで、多くの異性と接点を持つことができます。「ネットで知り合うことが不安…」という方でも、最近は身分証を登録するなど、安全性に配慮したアプリがほとんど。「恥ずかしい」「友人に知られたくない」という方でも、匿名で始められることが多数なので問題ありません。

自分に合った方法で気軽に、恋活を楽しんでみてはいかがでしょうか?

New!! 簡単スマホ相席

お店探し 検索イメージ
相手探し マッチングイメージ
相席 相席イメージ
詳しくはこちら!
広告