平日の婚活パーティーに参加するのはどんな人?メリットや平日を選ぶ理由とは

平日にも開催されることがある婚活パーティー。休日とは違った雰囲気になりそうですが、実際にはどうなのでしょうか?また、あえて平日の婚活パーティーに参加するのはどんな人が多いのでしょうか?

みていきましょう!

記事を読む前に…

「コロナもあるし、ランチで誰かと交流したい…」
「人気のお店で、相席店みたいに無料で食事ができたら…」

【だれかと。】を使えば、通常の飲食店で相席ができます!
相席店は、気軽に異性と出会えて、女性はほぼ無料で飲食できることで人気。でも、お店自体に抵抗があったり、食べたいものがなかったりと、デメリットも。それを解決する、新サービスがあります。

続きをみる

婚活を平日に行うのはどんな人が多い?

婚活を平日に行っているのは、どんな人が多いのでしょうか。

平日休み・シフト制の職業一覧

まずは平日休みであることが多い職業を紹介します。

  • 飲食店や小売店などのサービス業
  • アパレル会社
  • 医療従事者
  • 公共交通機関の職員
  • 警察官や消防士
  • 不動産会社や旅行会社などの接客業
  • 介護職員
  • 美容師やエステティシャンなどの美容関係
  • 塾の講師
  • 工場勤務

シフト制の仕事は、当然平日に休みが多くなります。シフト制は自分の都合に合わせた働き方ができるため、スケジュール調整次第で、上手に婚活することができます。これは平日休み・シフト制の人たちならではの「強み」といっても良いくらいです。先々の予定の見通しを立てるのは難しいですが、1週間以内などの直近のものであれば可能でしょう。

また、不動産会社勤務の人は水曜日、美容師なら火曜日というように、特定の曜日が休みになりやすい仕事もあります。その場合は、同業者との出会いを狙うこともおすすめ。「同業者は喧嘩になりやすい」といわれることが多いですが、「理解を得やすい」と考えることもできます。

平日夜の婚活パーティーなら仕事終わりの人が多い

平日夜に行われる婚活パーティーの場合、仕事終わりの人が参加していることが多い傾向にあります。これなら、平日休みの人に限らず土日休みの人とも出会う確率が上がります。なかでも、水曜日に「ノー残業デー」を設けている企業が多かったり、金曜日に「プレミアムフライデー」を実施している企業が多かったりするため、水曜日と金曜日の夜は要チェックです。

仕事が終われば、素の自分に戻ることができます。それは、出会いの場も然りです。そこで、平日休みであることをアピールしておくことで、相手が誘いやすくなる口実を作ることができるでしょう。

関連記事

彼女がいない男性のみなさん、「女の子との出会いがない」ことを嘆いていませんか? 確かに、ずっと彼女がいなかったり周りにすぐに新しい彼女を作る友だちがいれば、そう感じるのもわかります。 しかし、本当に女の子との出会いはないのでしょ[…]

腕を組む男性

平日の婚活パーティーや街コン・合コンの特徴は?

平日に開催される婚活パーティーや街コン・合コンなどのイベントには、どのような特徴があるのでしょうか。

平日昼間なら生活スタイルが近い人に会える

平日の昼間に行われる場合、生活スタイルが近い人に出会いやすいでしょう。昼間に参加するということは、その日(その曜日)が休みである確率が高いからです。

自分が休みの曜日に出会った相手は、後々交際に発展した場合にも予定を合わせやすい相手であることが多いです。好きな人と、少しでも多く会いたいと思うのは自然なことです。休みが合わない人とでは、どうしても会う時間が限られます。それが叶う相手であれば、自ずと将来を見据えた交際も視野に入りますよね。

また、参加しやすい気軽さが平日昼間に開催される婚活イベントにはあるようです。趣味コンくらいの気持ちで参加してみてはいかがでしょうか?

質の高いお店で開催されやすい

平日であれば、土日と違って人の混雑も少ないことで、良いお店でイベントが開催されやすいです。それは、普段なら満席になるような人気店であっても、平日であれば空いているから。参加する人たちにとっても、お店にとってもWin-Winといえます。

また、夜に開催されるイベントならではの「アルコールの席」とは違い、カフェなどのリラックスしたところで行われることが多いです。将来の伴侶となり得る相手を見極めるには、最適な場所。そうでありながらも、婚活ならではの緊張感を和らげてくれるでしょう。

婚活ということもあって、真剣な参加者は多いので、深みのある時間を過ごすことができるはずです。

だれかと。

平日休みは婚活に不利?

平日休みの人が婚活をすることは不利なのかというと、実は、そうともいえない模様。どういうことなのか、紹介します。

開催される回数が少ない

不利だといわれるのは、おそらく平日に開催される婚活イベントの回数が少ないから。

雇用が多様化して、平日休みの人が増えてきてはいるものの、まだ土日休みの人が多いのが現状です。集客数などを考慮し、その人たちに合わせて街コンや婚活パーティーの日程が組まれていることが多いため、平日休みに開催されるイベントが少ないのは必定といえます。

回数が少なければ、それに比例して出会いが得られる可能性も低くなることは否定できません。

しかし、例えばマッチングアプリを使ったり同じ会社に勤める人たちと一緒に合コンを開いたりすれば、平日の婚活を充実させることはできます。イベントの回数が限られるのであれば、自分から行動に移すことが重要になってきます。

土日休みより少ないから競合が少ない?

土日休みより参加者が少ないので、平日休みの人の婚活には競合が少ないというメリットもあります。「広く浅く」ではなく、「狭く深く」関わることができる可能性が高いため、一人ひとりとじっくり話す時間が取れるのは魅力的です。また、同じ平日休みの者同士なら意気投合しやすく、思いのほか早い進展が期待できます。

人が多い方が出会いも多いと思いがちですが、参加人数が少ないからこそ相手を吟味しやすくなると考えれば、メリットとしては十分です。

土日休みの人がいない間に、出会いを手にする好機です。積極的に行動し、婚活を制するのもいいですね!

アフターコロナにリリース!!
相席マッチング【無料】

検索イメージStep1
お店探し
マッチングイメージStep2
相手探し
相席イメージStep3
相席