出会う場所でわかる、彼女候補になる女性・ならない女性の違い

どこで出会うかによって、その女性と恋愛に発展するか否か、多少の違いがありますよね。今回は、効率よく彼女探しをするために知って得する、おすすめの出会いの場について紹介します。

記事を読む前に…

「コロナもあるし、ランチで誰かと交流したい…」
「人気のお店で、相席店みたいに無料で食事ができたら…」

【だれかと。】を使えば、通常の飲食店で相席ができます!
相席店は、気軽に異性と出会えて、女性はほぼ無料で飲食できることで人気。でも、お店自体に抵抗があったり、食べたいものがなかったりと、デメリットも。それを解決する、新サービスがあります。

続きをみる

女性との出会いの場所ランキング

まずは、社会人と大学生が女性と出会う場所を、それぞれランキングでみていきましょう。

女性との出会いの場【社会人編】

当サイトが社会人男性に調査した、女性と出会う場所ベスト3を紹介します。

1位「イベント」「飲み会(合コン)」
2位「社会人サークル」「習い事」
3位「同窓会」

1位の「イベント」「飲み会(合コン)」は、仕事終わりや休日(土日・平日問わない)に参加できることから、人気のようです。SNSなどで情報を集めたりアプリを使ったりして、自分から出会いを作っているのですね。

2位の「社会人サークル」「習い事」は、出会いだけでなく、趣味や好きなことを共有できる場のため、相手と距離を縮めやすいです。たしかに、出会いだけでなく習い事で自身を高められるので、気軽に始めることができます。

3位の「同窓会」は、懐かしさから心を開きやすいため、気持ちの面でハードルが低いのかもしれません。初対面ではないこともポイントです。受け身な人でも見つけられる出会いの場なので、意外とおすすめかもしれませんね。

ランキングに定番の「職場」が入っていませんが、調査対象が男性社会人だったため、職場に女性がいないという声が目立ちました。

女性との出会いの場【大学生編】

一方、男子大学生が女性と出会う場所はどうだったのでしょうか。

1位「大学のサークル・ゼミ・講義」
2位「バイト先」
3位「イベント」「飲み会(合コン)」

1位の「大学のサークル・ゼミ・講義」をご覧の通り、一般的な男子大学生は、日常からの出会いには事欠かないようです。社会人のようなしがらみがないので、同級生・先輩・後輩問わず気楽に接することができる、学生だからこその特権ですね。

とはいえ、大学生は「外での出会い」もたくさん。

2位の「バイト先」は、大学以外で出会いを得られる有効な場所です。世代や出身が違っても、一緒に働くなかで信頼関係が築かれて、相手を意識しやすくなりますね。

3位の「イベント」「飲み会(合コン)」は、社会人同様、よくある出会いの場のようです。最近では、大学生や専門学生向けの恋活イベントなるものもあるのだとか。たしかに、「出会い」を求める学生同士が集まる場所なので、安心して参加できますよね。

関連記事

今の20代が恋活をしたいと思ったときには、恋活イベントやマッチングアプリなどいろいろな選択肢がありますよね。むしろ、多すぎてどれがいいのか迷ってしまいます。 もし20代で恋活するなら、どの方法がおすすめなのでしょうか?今回は、それぞれ[…]

コンサートで盛り上がる若者

【場所別】出会っても、彼女になりにくい女性

せっかく出会っても、相手が彼氏を募集していなければミスマッチといえます。こうした見極めも大切なので、今回は、個人的な見解も交えて、出会う場所と彼女になりにくい女性をセットで紹介します!

職場に多い「既婚女性」

当然、出会った女性が既婚であれば、恋愛に発展させてはいけません。不倫(不貞行為)はトラブルを招くからです。

女性の場合は、「男性が独身と偽って近づいたため、知らずに付き合ってしまった。気づいたときには好きになっていた」なんてことがよくある不倫のパターンです。

しかし、男性の場合は、そうとも言えない模様。女性が既婚であるのを知っていても、「旦那がかまってくれない」「寂しい」と相談をされて、夫婦のすれ違いに共感し、不倫に走るケースもあるようです。

こうしたことは、職場での出会いで起こりがちです。もちろんマッチングアプリにも既婚女性がいることもありますが、既婚であることを隠していないことが多いようです。

クラブに多い「遊び目的の女性」

いわゆるパリビが集まる場所で出会いを求めてしまうと、恋愛上級者の女性に遭遇しがちです。わかりやすくクラブと書きましたが、最近でいうところ映えスポットには、同じように上級者がたくさんいます。こうした何枚も上手の女性には、相手にされないか手玉にとられるか、とにかく上手くいくとは言い難いです。

もちろん、何かのきっかけで本気になってもらえることもありますが、将来の彼女に出会える場所を調べている男性にはおすすめしません。

どこでも注意したい「難ありな女性」

最後に、どこで出会ったとしても彼女にしては大変な女性の特徴にも触れておきますね。

感情の起伏が激しい

「感情の起伏が激しい」女性は、手ごわいです。たしかに「女心と秋の空」と言うように、女性の気持ちは変化しやすいもの。しかしあまりに激しいと、対する男性は薄氷を踏むような思いで息が詰まってしまいます。見極めのポイントとしては、女性の顔色を伺うようなら早めに見切りをつけた方がいいでしょう。

束縛が強い

「束縛が強い」女性も彼女にしたくない存在です。ちょっとした束縛で、愛を感じることもありますが、行き過ぎると話は別。執拗に電話やLINEが来たり、自分の予定を事細かにチェックしたりされると、辟易するのは目に見えています。見極めのポイントとして、出会った瞬間から質問が多い女性には要注意です。

【場所別】出会ったら、彼女になりやすい女性

今回のテーマは、「彼女になる」女性に出会う場所です。最後に、彼女候補となる女性との出会いの場についてみていきましょう。

恋活イベントにいる「独身女性」

街コンなどがわかりやすいでしょうか。そこにくるのは、独身女性ですから、火遊びになるキケンはないでしょう。

最近は恋活の場も多種多様です。例えば、趣味にフォーカスした恋活イベントなら共通の趣味をもつ女性に出会える可能性も高いです。ミスマッチが起きることがなく、距離感を詰めやすいので、彼女探しの場としてはおすすめです。

友達から紹介してもらう「彼氏を探している女性」

「友達からの紹介」は、自分にとっても相手にとっても、安全な出会いです。

自分のことを知っている人に、「彼氏がほしい」かつ「自分に合いそう」な女性をみつくろってもらうことができれば、彼女候補に出会える可能性大ですよね。

また、周りの友人に「出会いを求めている」ことをさりげなく伝えておくことで、出会いの数を増やすことができるかもしれませんよ。

ネット上でマッチングした「気の合う女性」

ネットで事前にマッチングしておけば、彼女候補かどうか見極めることができます。ステータスが彼氏募集中となっている人に声をかけてみるだけで、ミスマッチが起きる心配はありません。メッセージでやり取りをしながら確かめることもできるので、会う前に多くのことを知ることができるのも嬉しいですよね。

また、「SNS」もおすすめです。LINEやFacebook、Twitter、Instagramなどを活用することで、多くの人とつながりを持つことができるので、マッチングアプリと同じような使い方ができることもありますよ。

アフターコロナにリリース!!
相席マッチング【無料】

検索イメージStep1
お店探し
マッチングイメージStep2
相手探し
相席イメージStep3
相席