彼氏ができない理由を診断!結果をもとに具体的な対策も解説します

「どうすれば彼氏ができるのかわからない」「このまま、一生彼氏ができないのかな……」「彼氏ができない本当の理由を知りたい」

長い間彼氏ができないと、焦りと不安がどんどん大きくなっていきますよね。仲の良い友達に彼氏ができてあっという間に結婚していくと、取り残されたような気分になってしまうことも……。

実は、彼氏を作るのはそんなに難しいことではありません。彼氏ができない理由を知って適切な対処法を実践すれば、あなたに彼氏ができる日もそう遠くはないはず。

今回は彼氏ができない理由を、たった8つの質問で無料診断。診断結果をもとにして、彼氏ができる方法を詳しく解説します。

この記事を読めば、彼氏ができる確率がグッとアップしますよ。
ぜひ最後まで読んで、参考にしてみてくださいね!

記事を読む前に…

「コロナもあるし、ランチで誰かと交流したい…」
「人気のお店で、相席店みたいに無料で食事ができたら…」

【だれかと。】を使えば、通常の飲食店で相席ができます!
相席店は、気軽に異性と出会えて、女性はほぼ無料で飲食できることで人気。でも、お店自体に抵抗があったり、食べたいものがなかったりと、デメリットも。それを解決する、新サービスがあります。

続きをみる

彼氏ができない本当の理由を診断してみよう

では早速、彼氏ができない理由診断を始めましょう。どちらかわからないときは、より自分に近いほうを選んで「YES」か「NO」で答えてくださいね。

彼氏ができない理由診断【質問①】

図の中の質問①を見てください。質問①には、以下の4つの質問があります。

職場や学校に男性が少ない
趣味などのコミュニティをもっていない
理想が高いほうだ
あまり他人を信用しない

趣味などのコミュニティには、飲み会などを楽しむ社会人サークルも含まれます。テニスやフットサルなどのスポーツサークルも、コミュニティの1種です。

彼氏ができない理由診断【質問②】

つぎに、図の中の質問②を確認してみましょう。質問②も、4つの質問があります。

自分磨きが面倒くさい
服装に無頓着だ
甘えるのが苦手だ
男性の喜ばせ方がわからない

自分磨きは外見だけではありません。恋愛の指南本(手引き書)を読んで自分の言動を振り返ったり、できるだけ規則正しい生活を心がけたりするのも、立派な自分磨きといえるでしょう。

【診断結果】あなたにはなぜ彼氏ができない?

質問①と②の合計8つの質問に答えたら、あとは診断結果を残すのみ。質問①と質問②で「YES」と答えた数を、それぞれカウントしてみましょう。

質問に当てはまった数によって、4パターンの診断結果があります。

  • どちらの質問も2つ以上当てはまる→ D
  • 質問1だけ、2つ以上当てはまる→ C
  • 質問2だけ、2つ以上当てはまる→ B
  • それ以外→ A

それぞれの診断結果を紹介します。

【タイプA】彼氏ができない理由がない

タイプAの人は、彼氏ができる条件をクリアしているので、彼氏ができない理由がないといえます。

彼氏ができる条件をクリアしているのに、彼氏ができないということは「出会いを交際に繋げる努力」が足りないからかもしれません。

【タイプB】モテるための努力が足りない

タイプBの人は、現時点ではモテるための努力が足りていないのが、彼氏ができない原因。

モテる努力をすることで、彼氏ができる可能性を高められます。

【タイプC】単に出会いが少ないだけ

タイプCの人は出会いが少ないのが原因。出会いの数を増やすことで彼氏ができる確率もアップするでしょう。

【タイプD】出会いの数もモテる努力も足りていない

タイプDの人は、現時点では厳しい状況。出会いの数と、モテる努力、両方が足りていないのが彼氏ができない原因と考えられます。

でも大丈夫。この記事では対処法も解説するので、ぜひ最後まで読んでくださいね。

だれかと。

診断結果からわかる!恋人ができない原因と対処法

先ほどの診断結果をもとにして、恋人ができない原因と対処法をみていきましょう。

原因①出会いの数が足りない

出会いの数が足りないのは、彼氏ができない原因の1つ。診断結果のタイプCとタイプDの人にあてはまります。

そもそも何らかの出会いがないと、彼氏ができるわけがありませんよね。出会いの数が少ないと、それだけ彼氏ができる確率も低くなります。

したがって、出会いを増やすと、彼氏ができる可能性もアップするといえます。

対処法①男性との接点を増やす

ポイントは「男性との接点を増やす」ことです。男性が多く集まる場所へ足を運ぶのはもちろん、インターネット上で男性と関わる機会を作るのも1つの方法です。

具体的な方法は次の5つ。

  • スポーツジム
  • 居酒屋やバー
  • 社会人サークルに参加する
  • インターネット
  • 友達に声をかけておく

さらに3つに分けて、詳しく解説します。

スポーツジムや居酒屋・バー、社会人サークル

スポーツジムや居酒屋・バー、社会人サークルは、比較的手軽に男性との接点が増やせるスポット。居酒屋やバーで出会って結婚したというカップルも少なくありません。

最近は相席居酒屋もあるので、活用してみるのもいいでしょう。当サービスも相席マッチングとなっていますので、リリースした際にはぜひご活用くださいね。

インターネット

インターネットは顔が見えない出会いとなるため、注意が必要。できるだけ真剣なサービスを選ぶのもポイントです。

内閣府が、都市部に住む30代未婚で恋人がいる女性を対象に、現在のパートナーと出会った場所を調査したところ、インターネットが13.8%という結果に。

地方でも11.1%になっており、どちらも職場や友人・兄弟などの紹介の次に多い数値となっています。このことからも、インターネットを使った出会いは決して珍しくないことがわかります。マッチングサービスを利用するのも1つの方法ですね。

参考:「内閣府 インターネットによるアンケート調査結果について」

友達に声をかけておく

友達に声をかけておくのも有効です。独身の友達だけではなく、既婚の友達にさりげなく彼氏が欲しいことを伝えておくのがおすすめ。

友達の旦那さんの知り合いで同じく出会いを求めている人を紹介してもらえることがあるからです。あまり期待しすぎず、出会いの幅を広げるつもりで伝えておくとよいでしょう。

原因②出会っているのに、交際につながらない

出会っているのに、交際につながらないのも彼氏ができない原因の1つ。診断結果タイプAとタイプBの人に当てはまります。

出会いの数に問題はないので、お互いに好感がもてる相手に出会えれば彼氏ができる状況といえるでしょう。ただ、お互いに交際したいと思える相手に出会うのが難しいのも事実。

20代~30代で交際経験があり、現在恋人がいない男性のうち、恋人がほしいと答えた男性は約80%。また、恋人がいない男性の約半数が「適当な相手に巡り合わない」ことを結婚しない理由に挙げていることから、交際したいと思う相手に出会えれば結婚にもつながりやすいことがわかります。

参考:「内閣府 インターネットによるアンケート調査結果について」

対処法②出会いを交際につなげる努力をする

出会いを交際につなげるために努力してほしいことは、以下の3つです。

  • 外見に気をつかう
  • マッチングアプリを使う
  • 理想を下げる

それぞれ解説していきますね。

外見に気をつかう

出会いを交際につなげるためには、外見に気をつかうようにしましょう。とくに意識したいのは清潔感です。

自分に似合う服装やメイクを心がけると、魅力もアップします。よく分からない人は上品さを意識するといいですよ。最近は動画でもメイクの仕方が学べるので、活用してみてもいいですね。

マッチングアプリを使う

マッチングアプリを使うのも効果的。マッチングアプリは、条件で検索できるので、自分の希望に合う相手に出会いやすくなります。

調査結果からもわかるように、マッチングアプリを使って恋人探しをする人は増えてきています。結婚後の満足感が高いのも特徴です。

参考:「株式会社Diverse マッチングアプリの浸透率に関する調査」

参考:「エウレカ 日本の恋愛・結婚意識に関する共同調査結果」

理想を下げる

理想が高すぎると、出会いのチャンスを逃してしまいます。自分に合うかどうかは、そう簡単にはわからないものです。付き合っていくうちに、条件だけではわからない良さが見えてくる場合もあります。告白されたら、付き合ってみるのも1つの方法ですよ。

「一生彼氏ができない気がする」は気のせいです!

「ここまでの話が全然ピンとこない!」という人もいますよね。「一生彼氏なんてできる気がしない……」なんて思っている人、それは気のせいです。なぜそう言い切れるのか、その理由を紹介しますね。

9割の30代未婚女性に、恋人がいたことがある

内閣府の調査によると、都市部に住む30代女性のうち、交際経験がないと答えたのは12.2%。この結果から、約90%の人に交際経験があることがわかります。

つまり、10人のうち9人に彼氏がいたことがあるということになるので、彼氏を作るのはそんなに難しいことではないといえるでしょう。出会いの数を増やし、出会いを交際につなげる努力をすることで、十分に彼氏ができる可能性は高くなります。

参考:「内閣府 インターネットによるアンケート調査結果について」

30代女性の83%が、告白された経験アリ

恋愛メディア「MENJOY」が30代の女性に、告白された回数を調査したところ、0人と答えたのは17%という結果に。83%の女性が1人以上から告白されていることがわかり、2人以上から告白された経験がある人でも70%となっています。

最近はLINEで告白されることも少なくないようです。告白のハードルが下がっているので、彼氏ができるチャンスでもあります。草食男子が増えているので、気になる人がいたら自分から告白するのも彼氏を作る近道かもしれません。

参考:「MENJOY 独自調査」

男性の70%近くが内面を重視している

「いつまでも彼氏ができないのは、顔がよくないからなのかな……」と思っている人もいるかもしれません。でも、そんなことはありません。

厚生労働省が行った調査結果から、男性の約70%が女性の内面を重視しているのがわかっています。周りを見てもわかるように、彼氏がいたり結婚したりしている人の全員がとびきりの美人というわけではないですよね。

もちろん、第一印象で外見を重視する男性がいるのも事実。容姿を重視はしないけれど、考慮する人は約60%います。そのため、ある程度の外見磨きは必要。清潔感のある服装やオシャレを意識してみるといいですね。

参考:「平成25年版 厚生労働白書(抜粋)」


彼氏ができない原因は大きく2つ。出会いの数が少ないことと、出会いがあっても交際につながらないことが挙げられます。

つまり、出会いの数を増やし、出会いを交際に繋げる努力をすれば、彼氏ができやすくなるというわけです。

出会いの数を増やすコツは、男性との接点を増やすこと。スポーツジムや社会人サークル、飲食店、インターネットなどを利用するのがおすすめです。

出会いを交際につなげるためは、好印象をもたれる外見や内面を意識すること。理想を上げすぎないのもポイントです。

30代女性の10人中9人に交際経験があるという結果もあるので、あなたも決して例外ではありません。ぜひ今回の診断結果を生かして、彼氏をゲットしてくださいね!

だれかと。

アフターコロナにリリース!!
相席マッチング【無料】

検索イメージStep1
お店探し
マッチングイメージStep2
相手探し
相席イメージStep3
相席