ダーツバーの出会いと地雷。女性客への正しいアプローチとは?

ダーツバーは、ダーツという共通の遊びを通して男女が出会うことができるスポット。でも、お客さんやスタッフをみてみると、男女の出会いを目的としている人ばかりではないことがわかります。

今回は、ダーツバーでの出会いを目指す男性のために、女性客と接するときのポイント、そしてダーツガチ勢との距離のとり方をご紹介します。

出会いバーとしてのダーツバー

出会い目的の人は、ダーツバーがどのような場所なのかを的確に理解しなくてはなりません。それだけで、ダーツの腕に関係なく女性に出会える確率が格段にあがります。

3つのダーツバー、女性に出会うならどれが正解?

ダーツをする人に聞いてみると、実は、ダーツバーには3種類あるようです。

  1. 個人経営のダーツバー
  2. 大衆向けのダーツバー
  3. ダーツが置いてあるバー

個人経営のダーツバーとは、ダーツを趣味とする人がコミュニティを作り、ダーツを楽しむためにお酒を嗜む場所です。ダーツが趣味という男女が出会うような場のため、当記事のテーマにはそぐわないでしょう。

大衆向けのダーツバーは、お酒を楽しんだ団体が2次会で利用するような場所。一人でそこに行って女性に出会うというのは、至難です。

最後の「ダーツが置いてあるバー」が、今回オススメするダーツバーです。そこは、通常のバーにも関わらずダーツが置いてあり、ダーツを通して女性と出会いやすい場所です。女性とダーツを楽しむメリットについては後述します。

いずれにせよ、女性に出会うためにダーツバーを探すなら、間違えてはいけません。必ず、ダーツが置いてあるバーを選択しましょう!

出会えるバーの見極め方

ダーツが置いてあるバーは、どのようにして見つければいいのでしょうか。

まず、バグースやBee、サンパークのような大衆向けダーツバーは検索して調べればわかります。今回の目的と違うので、除外しましょう。

個人経営のダーツバーとダーツが置いてあるバーの違いを見極めるときは、お店のSNSをみれば大体わかります。ダーツを盛んに行っているお店ではダーツイベントが頻繁に開催されています。直近はコロナの影響などでみつからないこともあるので、過去の投稿までさかのぼって把握しましょう。また、SNS担当者のつぶやきにも、ダーツに関するものが多いことも特徴です。

関連記事

出会いの場が多様化する昨今、どこに行けば好みの男性や女性に出会うことができるのでしょうか。また、そこには気軽に行くことはできるのでしょうか。今回は「出会いの場はどこ?」と探している男女が押さえておきたいポイントをじっくり解説します。 出会[…]

パソコンとラテアート

ダーツをするときに女性客が求めているもの

バーで出会った女性客とダーツをするなら、少しでも格好いいところを見せたいところ。しかし、意外とバーにいる女性はダーツ上手さを気にしていないようです。出会いとダーツの上手さがどれくらい関係するのか、詳しくみていきます。

バーでダーツをするなら男性にどうしてほしい?

答えを知るためには、女性の意見を聞いてみることが手っ取り早いでしょう。SNSを使って次のようなアンケートを実施し、女性客がダーツをする男性に何を望むのか調べてみました。

ダーツバーで出会った男性に求めるものはなんですか?

※調査範囲が狭いため、あくまで参考として御覧ください。

女性客に聞いたダーツバーで男性に求めるもの

これによると、「一緒に楽しむこと」がもっとも重要なようです。お酒を嗜み、楽しい時間を過ごしたいのだから、当然という印象です。逆にダーツが上手で調子に乗っている男性はあまり好まれない様子。

「教えてほしい」「見たい」という意見も一定数みられます。もしかすると、女性のほうがダーツに馴染みがなく、色々と不安に思っているのかもしれません。ということは、ダーツのルールを覚えてエスコートしてあげれば、女性は喜ぶ可能性が高いといえるのではないでしょうか。

ダーツが上手いとモテるの?

ダーツという競技、上手すぎても「ガチ勢」と呼ばれて敬遠されてしまうようです。

出会い目的でダーツをするなら、競技ダーツを通して女性を出会いたいのか、ダーツを遊びのひとつとして女性と出会いたいのか。どちらが目的に近いのかを確認しておくことが重要です。

■競技ダーツをする人の特徴

マイダーツを用意して、定期的にダーツをする人はこちらに当たります。上手いとモテる、というのはどちらかというとこちらのタイプにおいて言われることでしょう。

■遊びのひとつとしてダーツをする人の特徴

お店のダーツを使って、的に当てられれば十分という方はこちらです。こちらのタイプで大切なのは上手さではありません。簡単なルールを知っていて、色々なゲームを通して女性を楽しませるスキルがモテる秘訣です。

後者が今回のテーマ。「女性と出会うためにダーツがしたい!」と考えている方は、このように立ち回り方が全然違うため、ご注意ください。

趣味としてダーツにハマる女性には注意?

余談として、バーでダーツをすると見かける、ダーツに慣れた女性の特徴をご紹介します。ダーツができる女性(彼女)とは、どのような特徴があるのでしょうか。

ダーツにハマる女性の特徴とは

バー然り、ダーツは夜の時間帯に多くプレイされます。場合によっては朝までなんてことも。

そんなダーツにハマる女性は、夜型の生活リズムであることが多いです。また、ダーツはお酒を飲みながら遊ぶことが多いため、お酒好きの女性が多い傾向にあります。

さらに、ダーツを趣味としている人の男女比に注目してみましょう。

最近はダーツを趣味とする女性も多くなりましたが、やはり7:3か、8:2くらいで男性が多い印象。出会いという観点では競争率の高さが気になります。彼女の趣味がダーツなら、周りに沢山の虫がいることが気になりますね。

もちろん、バーに居るすべてのダーツ女子に当てはまることではありませんので、あしからず。

ダーツ女子は地雷?

ダーツ女子のことを地雷だという男性がいます。意図するところはわかりませんでしたが、調べた結果、ダーツ女子はSNSでメンタルの状態が良くない発信をしがち。しかし、ダーツをプレイする人にその辺の事情を聞いてみると「そういう人もいるし、そうでない人もいる」とのこと。つまり、たまたまそのような意見が目立っただけ。相関関係はなさそうです。


今回は、出会いの場としてのダーツバーをご紹介しました。ダーツバーに足を運んでそこで出会うというのは、やはりハードルが高そうです。自分には難しいかも、という方はSNSなどで事前に、一緒に楽しめそうな相手を見つけてから足を運んでも良さそうです。

ちなみに、当サイトが運営する相席マッチング「だれかと。」は、ダーツバーをみつけてマッチングすることもできます。ぜひ登録をしてみてください!