【まだ若い!】35歳の出会いで知っておくべき、自身の魅力と出会い方

美容の進歩や晩婚化などさまざまな要因から、「35歳なんて、まだまだ若い」と言われることもしばしば。35歳は、ひと昔前とちがって出会いの場、婚活の場で多くの異性から求められます。

今回は、35歳の出会いについて解説します。年齢の見え方やおすすめの出会いの場など、みていきましょう!

New!! 簡単スマホ相席

お店探し 検索イメージ
相手探し マッチングイメージ
相席 相席イメージ
詳しくはこちら!
広告

35歳の女性がまだ若いと言われる理由

芸能人の結婚報道でも35歳で結婚なんて話は良く耳にするようになりました。街を歩けば、バリバリ働いている美しい30代女性はたくさんいます。

これから結婚を考えてもまだまだ遅くはありません。

美容が進化している?

20代の頃の自分と比べてしまって積極的になれず諦めていませんか?

そもそも30代で老けて見えるのはなぜでしょうか。

  • くすみ
  • クマ
  • 乾燥
  • ハリとツヤがない
  • ほうれい線がある

これらの理由から年相応、もしくは実年齢より老けて見えてしまうのです。

しかしここ数十年で美容技術が進化し、ユーザーの美容に対する悩みに答えた豊富な新作が次々と発表されています。

カバー力があるファンデーション、くすみやクマを隠す事ができる下地、肌の悩みに合わせた有効成分が配合されたスキンケア商品など。

なかでも乳液、化粧水、美容液など複数のスキンケアが1つでできるオールインワン化粧品やアイチエイジング関係の商品は人気がありますね。

ドラックストアやスーパーなどでも化粧品コーナーが設けられるようになり、コスパの良い商品が手軽に購入できるようになりました。

このように美容が進歩した結果として、年齢が35歳だと知って驚くような、若々しい人が増えているというのが実態です。

晩婚化が追い風に?

もう一つの要因をみてみましょう。以下のグラフをご覧ください。

◯妻の初婚件数及び初婚率(女子人口千対) -昭和22~平成12年-

初婚率のグラフ

(出典:晩婚化・晩産化の状況|厚生労働省)

グラフを見ると昭和50年から平成12年の間の25年で晩婚化が加速しているのが分かります。平均初婚年齢が昭和52年から平成4年の間に1.0歳上昇するのに15年掛かりました。しかし平成12年に27.0歳になるまでは約半分の8年間しか掛かっていません。

また、同じく厚生労働省のデータによると、母の出生時平均年齢については、昭和50年には第2子の出産が28.0歳だったのに対して、平成12年には、第1子の出産が28.0歳となっています。つまり、少し前には2人目の子供を出産していた年齢が、25年後は1人目の子供を出産する年齢になっているのです。

晩婚化が加速している理由の一つとして、女性が社会で活躍する様になったことがあげられます。活躍すること自体はとても喜ばしいことですが、今まで仕事や趣味に打ち込んできて、気がつけば35歳を迎えていたということも珍しくありません。

また、結婚後を考えた時に仕事と育児を両立することができるのか不安に思い、なかなか踏み切れずにいる女性も多いはず。結婚せずに独身を選択するのも一つの道ではありますが、35歳は結婚のラストチャンスでもあります。

35歳は恋活や婚活でどう見られる?

35歳で恋活や婚活をすると、男性からの反応が気になります。

しかし、男性が求めるのは20代の可愛い女性だけではありません。20代の女性と35歳の女性とでは求める条件が違います。35歳の女性に求める条件を見ていきましょう。

すぐにでも結婚を意識する

結婚を前提にした付き合いができるのが大前提です。やはり年齢を考えると悠長に時間をかけていられません。今後の将来像にもよりますが、出産を希望するなら尚更です。

30歳から徐々に自然妊娠の確率が低下し始め、35歳を超える頃からさらに低下するといわれています。更には40歳になると出産が難しくなる場合も。仮に35歳で結婚したとしても、出産は早くて36歳か37歳ごろとなります。そのためすぐにでも結婚したいと思うのは当然です。

とはいえ、今は生殖医療の分野においても進歩が著しく実際には40歳を超えて出産することも十分に可能です。あくまで多くの人の先入観であることも、覚えておくといいでしょう。

相手の年齢は?

35歳〜45歳の同じ様に仕事に打ち込んできた男性が多いですが、中には自分よりはるかに年下の男性から好意を持たれることもあります。

年下男性は包容力や頼りがいがある。積極的にリードしてくれる。甘えさせてほしい。などを年上女性に求める傾向があります。

「40歳だと考えてしまうけど、35歳なら全然あり!」「年下の女性がいいと思っていたけど、実際結婚したのは年上の女性でした。」ということも良くある話。

実は年下から年上まで好かれるのが、35歳の女性なのです。

関連記事

「婚活」に対して、「恋活」という言葉が何を指すのかイメージできますか? 広義にモテるための活動を指すこともあれば、彼氏や彼女を探す具体的な活動のこともある恋活。今回は、恋活と婚活の違いについて詳しく解説します。なお、ここでは民法におけ[…]

花を持った儚げな女性

35歳の出会い方

周りに気になる異性が見つからないのであれば、積極的に自分から行動するのが一番の近道です。何もアクションを起こさなければ現状は変わりません。何から始めたらいいのか、どうしたらいいのかわからない方はぜひ参考にしてみてください。

恋活・婚活イベントに参加

初めはドキドキしますが、ちゃんと相手の顔を見て会話ができるので安心して、お相手探しができます。

従来の男女が集まってお互いの魅力を探す様な恋活・婚活イベントだけでなく、主催者側が思考を凝らした恋活・婚活イベントも増えてきました。

最近では、料理やモノづくりをしながら出会いを求める婚活やアニメやゲーム・アートやアウトドアなど共通の趣味をもった男女が集まる趣味コンというジャンルが生まれました。最初から共通の話題があるため話題作りに困らないですし、「次の休みの日に一緒に…」と誘いやすく進展しやすいのが魅力です。

そのほかにも30代~40代までの年齢制限や高額収入の男性限定など、条件が設定されているイベントなら自分の気になる異性が見つかる可能性が格段にアップします。

緊張してうまく話せないという方には、料理やお酒を楽しめる恋活・婚活イベントがおすすめです。お酒の力を少し借りちゃってもいいかもしれません。飲みすぎて酔っ払ってしまうのはNGですが、少しほろ酔いぐらいなら可愛い女性の姿に男性もドキッとするはずです。

アプリなら年齢を開示した上で出会える

マッチングアプリってどうなの?と疑問に思うかもしれません。しかし、今ではきっかけはマッチングアプリと答えるカップルも多数います。

アプリ内では顔写真だけでなく趣味や自己紹介、年齢が表示されます。年齢を知った上でマッチングが成功。その後連絡を取り合うという流れなので、自分からわざわざ年齢をいう必要もないですし、後から「知らなかった…」ということも回避できます。

異性を検索する時に年齢制限をすると探しやすいのも良いところです。まずは手軽に始めたいと思っている方にはおすすめです。

当サイトでは、相席マッチングという新しいスマホサービスを準備。スマホで相席する相手をみつけて通常の飲食店で相席できるという、新感覚のサービスです。こちらもぜひ一度、検討をしてみてください!

New!! 簡単スマホ相席

お店探し 検索イメージ
相手探し マッチングイメージ
相席 相席イメージ
詳しくはこちら!
広告